見積もりは必ず取るべきという車検の仕組み

車検を受ける場合には、基本的な内容を理解しておく必要があります。内容に関しては、サイト等でよく見受けられるように、確かに見積もりを取った方が支払面において比較をすることができます。しかし、ただ通すだけであれば法廷費用が主なものとなるために大きな違いはなく、迅速に対応してくれる業者であれば問題はありません。また、ある程度、車に詳しければ、この場合自分でも行うことが可能となります。理解しておきたいことは、整備が関係してくる場合に限り、各業者によって費用が異なる点があります。つまり、検査を通す場合に事前修理等、何らかの費用がかかる場合、将来におけるトラブルにまで対処をしたい場合には見積もりによる比較が大切になります。車が古いようであれば整備が必要になるケースも多く、特に、輸入車などで趣味性の高い車の場合には見積もり内容も大きく異なることがあるので取ることが必要となります。

知っておきたい実際の仕組みについて

日本においては車の運行に関して、道路運送車両法によって車検の取得が義務付けられおり、取得をしなければ道路を走らせることはできません。一般的は車両の場合、新車に限り初年度は3年後に受ける必要があり、以後、中古車も含めて2年ごとに検査を受けることになります。検査は、原則、全国の地方陸運局、通称「陸運局」で受け、軽自動車の場合には軽自動車の検査協会が検査機関となります。ただし、ディーラー等でも受けることができ、この場合、国交省の指定工場となっていることが条件となり、通常、ごく短期間で検査が終了するのはここでのケースが該当します。検査では、依頼をする場合には、自動車検査証、印鑑、自動車納税証明書、自賠責保険証が必要になります。費用としては、法廷費用として自賠責保険料、重量税、検査登録印紙代があり、ここでの金額はどこで受けても同額となります。他に、依頼の場合には検査料金がかかることになり、費用が異なるのはここでの内容があります。

依頼先によって費用が異なる理由について

車検は、依頼先によっても費用が異なります。依頼先としは、主なものとして、ディーラー、修理工場、検査専門業者等があり、ここでの違いには整備点検費用があります。まず、ディーラーの場合には検査指定工場となっていることが多く、その分、責任も重くなることから入念な検査が行われることになります。事前検査においても、消耗品等においては、パーツも含めて交換が推奨されるケースが多く、使用されるものも純正品となるために高くなる傾向があります。また、作業工賃も他に比べて高めの設定がされています。一方、確かな技術とノウハウがあることから、ユーザーは安心して依頼をすることができます。修理工場の場合には指定工場と認定工場の2種類があり、認定工場では陸運局に車を運び込み検査を受ける必要があります。顔見知りであるなど、ある程度知っている場合には、リビルト製品で対応をしてくれる工場もあり、この場合にはディーラーに比べ安い費用で済ますことができます。また、検査専門店も含めて整備内容にコースを設けている場合もあり、予算に合わせて選ぶことが可能となっています。